海産物や魚介類は健康の要

海産物や魚介類にもっと目を向けよう

私たちが何をどう食べて生きるかは、とても大きな問題です。

男性の平均寿命をかうに70歳とすれば、70年間に欠かさず三食を食べたとしても、食事をとる回数は全部で7万6650回しかありません。いま35歳だとすれば、すでに半分を使い切う、今後に食事をとる回数は4万回も残されていないということになります。

いうまでもなく、人間にとって食べることは生きる喜びです。

にもかかわらず、満足のいかない食事によって、与えられた有限のチャンスを無駄にするとしたら、それは貧しい人生です。

人は生きるために食べなくてはならないのですから、バリバリ働いて、おいしいもの、身体にいいもの、元気が出るものを心から愉快に食べるべきなのです。

人間の長い歩みを考えれば、私たちがいまのように豊富な食材に囲まれていられるのは、おそらく歴史の中の一瞬のことです。いずれは気候の変化や化学汚染の影響で、当たり前に手に入れることのできたものが、手に入らなくなる日がくるかもしれません。

しかし、たとえたんぼく源は昆虫のみという世界になったとしても、人間はバリバリ働いて、そのとき目の前にある食べ物を愉快に楽しく食べていけばいいと私は思います。

それが進化というものであり、未来に向かって歩むことであり、なおかつ食に対する正常な感覚だからです。

幼いころ、料理店の水槽にいるナマコを見て、その音にこれを世界ではじめて食べた人はどんな人だったんだろうかと不思議に思った記憶があります。姿はグロテスクで、とても食べ物には見えません。味にしても食感にしても、きっとよくなかったことでしょう。

それでも誰かが最初に食べ、それを見た次の人が食べ、どんどん食べる人が出てくるわけです。

そして、おいしく食べる調理法が考案され、時代が下ったいまでは、当たり前の食材として提供されるようになっています。

きっと人間の長い歴史の中には、消えた食材というものがたくさんあるはずです。歴史の中で食べ物も新陳代謝を起こし、古いものは消え、新しいものが生み出されてきたのだと思います。

そうやって考えると、人間はどんなときも、おいしいもの、身体にいいもの、元気が出るものを発見しながら、さまざまな困難を乗り越えてきたことがわかるような気がします。

そして、人間は、今後もそうした歩みをつづけていくわけです。

人間は、もともと海の中で生活していた生物が進化し、陸地に上がっていまの姿になったといわれています。

その意味では、海のものを食べることは、とても大切なことではないかと思います。とくに、日本人は、獣よりも魚をたんぱく源にしてきた民族ですから、海のものは身体によく合っているはずです

欧米風の食生活に慣れた若い世代は、どちらかというと肉を好んで食べます。たしかに、肉食が主体になって以来、日本人の体格は向上したように見えます。

しかし、その一方で、欧米風の食事が盛んになって以来、アトピーやうつといった問題が顕著になりました。

アトピーやうつが欧米風の食事に起因しているわけではありませんが、こうした食生活の一大変化が、プラスとマイナスの両面で、私たちの身体に影響をもたらしていることは疑いないことです

私にいえるのは、やはリバランスのいい食事を心がけることです。

バランスには、栄養バランスもありますが、食材のバランスもあります。陸のものも、海のものも、どちらもよく食べれば、それだけで摂取できる栄養素のバランスもよくなります。

とくに海産物や魚介類は、ビタミンやミネラルが豊富です。なぜかといえば、生命が海から生まれたことが示唆するように、海はビタミンやミネラルなどの宝庫だからです。

海の食材があまり好きではない人も、この本を読んでくださったことをきっかけに、海産物や魚介類にぜひ目を向けていただきたいものです。

男性のビジネスマンはほとんど関心を向けたことがないと思いますが、デパ地下や魚市場に行くと、想像以上に多種類の魚介や海産物の加工品が販売されています。

食べたことも見たこともない食品がたくさんありますから、 一度見に行くといいのではないかと思います。自分の知らない食材がこんなにあると気づくだけでも、食に対する感覚は変化すると思います。

おいしい食材、身体にいい食材、元気が出る食材は、実は世の中に沿れるほどあり、私たちはそのほんの一部分を知っているにすぎません。

できる男は夜もつよい

できる男はセックスも強い

実際にセックスレスのご夫婦がどのくらいいるのかわかりませんが、 一般に、日本人男性はセックスが弱いといわれています。

ストレスに原因を求める説や、共働きに原因を求める説などがよくとり上げられますが、なかなか簡単には解明できません。うつになるとEDになりやすいことからも、精神的なものが大きな影響を与えていることはたしかでしょう。

また、夫婦別寝室に見られるように、共働きで夫婦のコミュニケーションが少なくなっていることも大きいと思います。

より若い世代においては、女性とつき合うのは何となく面倒という男性が増えているともいわれています。

その昔は、彼女の一人ぐらいいなければ男性として見下される風潮があったわけですが、いまは彼女がいない方がいいという感覚が生まれつつあるようです。

セックスに強い男性というのは、女性から見てやはり魅力的です。頼もしさや生命力の強さを感じますし、人生を切り開いていく力があるようにも思います。

動物の社会を見ても、あらゆる生存競争は、オスとしての強さに集約されています。生き残って集団のリーダーになるオスは、メスにとってもオスにとっても魅力的な存在であり、その魅力が集団や社会を導いていくわけです。

日本人も、これからはとくに、そういう魅力を持つ男性がたくさん登場していかなくてはいけません。年々競争が激しくなる社会で勝ち抜くためにも、日本人ひとりひとりが胸に誇りを抱いて生きていくためにも。

その意味で、私は、食事と栄養面で少しでも工夫していただきたいと思います。セックスに強くなる栄養素というのは、実際にあるからです。

それは、タウリン、亜鉛、そしてムチンです。

すでに何度か登場しているタウリンは、人体に最も多く含まれているアミノ酸の一種です。

身体中、タウリンを必要としないところはないわけですが、それはとくに心臓と脳にたくさんあり、強壮作用を持っています。

タウリンがたくさん入っていることをセールスポイントにしている滋養強壮ドリンクがありますが、肉体的なあらゆる面で元気の源になってくれるわけです。タウリンは、すでに述べたように、イカやタコ、魚の血合いや貝類などに多く含まれています。

また、亜鉛は、性ホルモンを正常化させる働きを持っています。ずばりいえば、精子をつくる働きを促進させます。性欲が弱くなったというときは、性ホルモンの分泌が正常になされていないことも考えられますから、亜鉛をとることはとても大切です。

亜鉛を多く含む食品は、これもすでに紹介したことですが、牡蠣、シジミ、うなぎ、牛肉、チーズ、レバー、卵黄、大豆、納豆などです。最後のムチンは、強精作用を持った物質です。

このムチンがどういう物質かというと、糖とたんぼく質が結合してネバネバしている物質です。

たとえば、納豆のネバネバはムチンの代表格でしょう。あるいは、オクラのネバネバもそれです。ヤマイモ、サトイモ、ナメロなど、ネバネバする食品はけっこうありますが、すべてムチンです。このほかに、うなぎや昆布にも含まれています。

昔からヤマイモ、納豆、うなぎには強精作用があるといわれてきましたが、それらに共通するのはムチンなのです。

食事指導で私がおつき合いしている、ある社長さんは、地味飯が主体の食事をなさっていますが、納豆、ヤマイモ、うなぎのいずれかが頻繁に食事記録に登場します。

その方は、とても朗らかなタイプの方で、社員からも頼られる兄貴分的な存在ですがあるとき休憩の合間の雑談で、その方は、60歳を過ぎたいまも一日に連続4回のセックスができると何気なくおっしゃいました。

そのときはびっくりしてしまいましたが、私はその方の食事記録をあらためて眺めて、「なるほどなあ」と納得がいったのです。セックスが強い弱いは体質ではありません。

みなさんも、強い男性、意欲的な男性になるために、タウリン、亜鉛、ムチンをぜひたくさんとるようにしていただきたいと思います。

目の疲れはストレスと関係している

目の疲れはストレス過多のシグナル

仕事でも家庭でも情報機器に囲まれている現代人にとって、日の疲れはつきもののようになっています。

たとえば、日の乾きを治そうと眼科で診てもらうと、「あ、ドライアイですね」と軽く診断され、とるに足うないことのように扱われてしまいます。

年齢的にまだ若いのに目が乾いてよく見えなくなるわけですから、本当はたいへんなことだと思います。ところが、あまうにもドライアイが急増しているせいでありふれた症状として扱われ、点眼薬の処方でもう終わりです。

なかには、生涯ドライアイとつき合っていかなければならない人もいますから、注意して自分の目を守っていかなければならない時代になったと、つくづく思い知らされます。

目の疲れを訴える人が急増している理由は、私たちが目を酷使しているからです。目を過酷なストレスにさらしている、といってもいいでしょう。

その昔、江戸元禄年間の日本で、大衆向けの出版物がはじめて大流行した時期があります。

それまで書物といえば、偉い人たちが読む記録書や思想書、あるいは取り決めが書かれた実用書ばかりでした。そういう書物は、ほぼ100%手書き写本だったわけですが、浮世絵の登場以来、俗に黄表紙といわれる大衆向けの印刷出版物が一世を風靡するようになったのです。

黄表紙は滑稽画の中に登場人物のせうふを描いた、現代でいえば漫画本のようなものです。お金に余裕のできた江戸の庶民は、新しい黄表紙が売うに出されると、先を急いで買い求めたといいます。

実は、大衆向けの出版物が大流行した江戸後期のころ、江戸の庶民の中に近眼が急速に増えています。

具体的にどのくらいの割合で増えたのかという数字は残されていませんが、「黄表紙を読みふけっているうちに目が悪くなった」「眼鏡を使用するようになった」という記述はあちこちに残っています。

こうした記録に接すると、人間の目がいかに弱いものであるかということに気づかされます。もともと目は、遠くを見ることは得意ですが、根を詰めて近くのものを見つめることに適した特性を持っていないのかもしれません。

デスクワークが中心の現代人は、遠いところを見てばかりでは仕事をすることはできませんから、最初から目を悪くしやすい環境に生きているといえます。そこにパソコンとのにらめっこという、さらなるストレスが重なります。私たちは二重の意味で、目を酷使しているわけです。

人間が生きるうえで必要な情報の8割は、視覚によってえられています。そのため、不調が症状として現れやすい器官といえます。

目が疲れてくると、たとえば肩や腰がこるなど、それが次第に身体のあちこちの不調につながっていきます。つまり、目の疲れは、そろそろ身体が限界にきていることのシグナルと捉えることができます。

同時に、それは目や身体が必要とする栄養素が足りなくなっていることのシグナルでもあります。

目が疲れてきたら、食事に注意して、栄養をとらなくてはいけないということです。現代人の日の栄養補給で私が最も大切だと思うものは、ビタミンCとビタミンAです。

まずビタミンCですが、これは″眼科で〃処方されることもあります。たとえば、長時間パソコン作業をしている人の血中ビタミンC濃度を測っていくと、それがどんどん減っていく様子がわかりますcビントの調節機能は自律神経の働きによっていますが、ビタミンCが不足すると、明らかにその機能が弱まっていくわけです。

ビタミンCが抗ストレス性を強化するために欠かせないことはすでに紹介しましたが、目を酷使すること自体がストレスですから、そのストレスに対抗する手段は、やはリビタミンCをとる以外にありません。そして、ビタミンCを十分にとると、その抗ストレス作用によって自律神経の働きが回復していくのです。

よく噛んで食べると健康に良い

上司とのパワーランチや出先で「ご一緒にどうぞ」と振る舞われた食事など、何を食べるか選択のしようがない局面があると思います

出てきたものがバランスのとれた食事なら問題はありませんが、予想外に脂っぽいものだったり、動物性たんぱく質皆無の仙人料理だったり、「え? これですか」というものを食べなくてはならないときもあるはずです。

もちろん黙って食べぎるをえないわけですが、そういうときにでも、身体にいい食べ方があります。それは、よく噛むことです。

物を食べると、 コレシストキニンという物質が十二指腸から分泌されます。これは消化酵素の分泌を促す物質で、食べた脂肪や分解されたたんぱく質のアミノ酸などによる刺激によって出るのですが、噛むことによってより多く分泌することがわかっています。

よく噛んで食べることが大切だといいますが、これはその刺激によって、 コンシストキニンをはじめとする消化吸収に必要な物質の分泌を促し、胃腸の負担が減るため、消化吸収がよくなることが理由です。

さて、選択のしようがない食事をよく噛んで食べるメリットは、消化吸収に関することではありません。

噛むことによってよう多く分泌されるコンシストキニンは、実は脳の働きにいい影響を与えます。たとえば、効率よく記憶する、学習するということに効果が出ますし、脳全体をうまく働かせる作用がありますから、大きなことに判断を下したり、抽象的な物事を考えたりするためには、うってつけです

また、コンシストキニンは脳内のドーパミンの作用を抑える働きがあるため、不安感が和らいだり、とソラックス効果もあります。

もちろん、よく噛むことはどんな食事に対してもできることです。その意味では、いつでもよく噛んで食べることが必要ですが、選択のしようがない食事のときはとくにこのことを意識して、よく噛んで食べるようにしたいものです。

噛む回数は、 一口で30回。そこまでできなくても、最低20回は噛むように心がけてほしいと思います。

朝の果物は健康に良い

朝食に果物をとる効果についてはすでに述べましたが、再び強調しておきたいのは、果物の投資効果です。

普段私たちは、朝食にいったいいくらくらいのお金を使っているでしょうか。菓子パンひとつにインスタントコーヒーだと150円くらい。トースト、 ハムエッグだと200円くらい。平均的には300円程度ではないでしょうか。

食事にお金をかけないという人が増えている一方で、私たちはサ^プリメントやビタミン剤にはけっこうなお金をかけています。ビタミンCなら月に1000円くらいします

し、ビタミンBや鉄など、いろいろ合わせると、月に3000円くらいかけているのではないでしょうか。 一日に100円は使っている計算です。

サプリメントやビタミン剤は、もちろん効果がないわけではありませんが、本当は食事でとることが一番よく身体に吸収されます。

ところが、食事で十分にビタミンやミネラルをとろうとすると、食事そのもののグレードを上げることになり、 一日100円の予算ではなかなか実現させることができません。

そこまで厳密に考えてはいないでしょうが、みんなその点にうすうす気づいて、サプリメントやビタミン剤に流れているわけです。

ところが、ひとつだけ、値段の割にとても大きな効果が見込めるものがあります。それが果物なのです。

スーパーマーケットの果物売り場を眺めると、たとえばイチゴがひと山500円とかブドウがひと山800円とか、けっこうな値段がついています。多くの男性は「一局いな」と敬遠するに決まっています。

なにせ、自分の昼食にかけているお金と同じか、それ以上の金額になるわけですから、身体にいいとわかっていてもなかなか手が出せません。

しかし、果物が高いといっても、 一度にそれを全部食べるわけではありません。

朝食の食卓に載せるのは、 一日100円分くらいのものです。朝それを食べるだけで、酵素が身体の内側をきれいにしてくれますじ、ビタミンCも十分にとることができますから実は果物はとても投資効率のよい食べ物なのです。

そして、その効果をさらに高めるのであれば、朝食での摂取が一番おすすめです。昔から「朝は金、昼は銀、夜は銅」といわれていますが、どんなに身体によいものでも、消化に負担をかけない日中にとるのがよいでしよう。

サプリメントやビタミン剤にかけているお金で果物を買って、ぜひ朝の食卓に載せることを実行してほしいと思います。

男性の中には、よくお腹をいっぱいにすることの投資効率を考える人がいます。同じ500円で食べられるなら、牛丼よりもラーメンと半ライスと餃子の方がいいという選択がそれです。

しかし、少ないお金でお腹をいっぱいにするというのは、20代初めまでの下宿暮らしの学生のような考え方です。社会人として、毎日をビジネスの現場で闘っていかなければならない社会人は、その手の投資効率から、ようよく闘うための投資効率に、そろそろ考えを切り替えなければならないはずです。

投資効率を切り替えることは、闘うための食事のルールの基本です。その第一歩が、朝食の果物なのです。

質のよい油をとると、思考が柔軟になる

人のすべての細胞膜は、主にリン脂質によってつくられています。

もちろん、脳の神経細胞の膜も脂質でできており、細胞膜がきれいな状態でなければ、本来届くはずの神経伝達物質もうまく届いてくれませんc神経伝達物質が正常にやりとりされなければ、脳は正常な指令を出すことができなくなり、それがひどい場合には、

うつなどの症状が現れることになります。細胞を大事にしなくてはいけません、という話をすると、たいていは、「↑え、そんなもんですかね」と、みなさんなかなかピンと来てもらえません。

でも、考えてみてください。

細胞というのは、生命の基本単位です。細胞が正常に働かなければ、人間は何もできなくなります。

細胞の再生がうまくいかなくなれば、その部分が壊死します。また、細胞間の神経伝達ができなくなれば、触っても何も感じなくなるのです。

逆に、年齢を重ねても、ケア次第で脳細胞が増えることはあるのです。

いくら肉眼で見ることはできないからといって、細胞のケアを軽視するのは「かなりやばい」といわなくてはなりません。

そこで、どうすれば細胞の働きを健康に保てるかについて、お話ししましょう。

アンチエイジングという言葉を聞いたことはないでしょうか。若い世代の人はあまり関心がないかもしれませんが、 二一一日でいえば、これは老化を予防し、美しく健康的に歳をとるということです。

たとえば肌の老化には、3大原因があると考えられています。

ひとつは乾燥です。肌で説明するのがわかりやすいと思いますが、高齢者の肌がカサカサになるのは、保水力が衰え、皮膚が乾燥するからです。

次が、光老化です。これは日焼けによる老化です。

私たちの肌は、日光の中の紫外線を受けると日焼けを起こします。夏に海水浴をして日に焼けると、そのうち黒くなった肌がむけ、3カ月もすると元どおりになります。

しかし、これは元気いっぱいの若いころの話でしかありません。年齢とともに、焼けた肌はなかなか元のようには戻らなくなり、紫外線を受けた部分にシミやソバカスができるようになります。

高齢者の人の顔に見られる紫斑がこの光老化によるもので、洋服で守られていない顔の部分に集中的に現れるわけです。

3つめは何かといえば、酸化です。酸化する理由については詳細を省きますが、これはストレス、飲酒や喫煙、紫外線、放射線、食品添加物などによって生じる、いわば身体のサビです。肌の老化の8割がこの酸化によってもたらされている、ともいわれています。

アンチエイジングというのは、肌の老化の3大原因をできるだけ避け、美しく健康的に歳を重ねることを提唱しているわけです。

本書はアンチエイジングがテーマではありませんが、ここで注意しなければならないのは、肌で起こることは全身で起きている、ということです。なかでも、酸化は、細胞レベルでも日々起こっています。

たとえば、悪い油をとると、細胞膜がサビつきます。細胞膜がうまく再生できるような質のよい油を補給しなければ、そのサビつきは治りません。サビついた細胞をそのまま放置しておくと、神経の伝達はどんどん悪くなってしまいます。

その結果、見た目の健康も、精神的な反応も、冴えない人になってしまうのです。

ここでいう質のよい油とは、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)のことです。オメガ3系の油ともいわれ、イワシやサバなどの青魚、大豆などに多く含まれています。

健康には植物油がよくて動物油が悪いという認識の方が多いと思いますが、植物油だから体によいという認識は誤りで、油のとり方も重要になってきます。

身体によいといわれるオリーブオイルは、油の中でも加熱によって酸化しにくいものに位置しますが、基本的にはどんな油も、揚げ物に使うよりはドレッシングに使った方が効率的です。

脳の神経細胞の膜をきれいに保つことができれば、判断力や思考力などもアップします。DHAやEPAは、血液をサラサラにする効果も非常に高く、肉体的な若さを保つ意味でも努めてとるようにしたいものです。

食品添加物は百害あって一利なし

これは個人的な感想ですが、食事に対して「おいしい」と感じる若い世代が減ってきているのではないかと思うことがあります。

味覚がおかしくなったり、「おいしい」と感じなくなったりした際に、よく亜鉛不足を指摘する向きがあります。

味覚は、舌の表面やのどの奥に備わっている味雷によって知覚されます。

味雷はいくつかの味細胞が集まったもので、この味細胞を通じて人間は味を感じています。

この味細胞が生まれ変わっていくために必要な材料が亜鉛で、その不足によって味覚障害が起こることはよくある話です。

ただし、亜鉛はそれほど希少なものではなく、魚介類にたくさん含まれています。

そのほかにも牛肉や豚肉、大豆など、かなり広範の食品に含まれ、私たちがごくふつうの食事をしているかぎり、味覚障害が起こるほど不足する栄養素とはいえません。

実は、ここで問題にしなければならないのは、加工食品に含まれているポリリン酸などの食品添加物だと思います。

加工食品は防腐効果や色みなどの保持のために、さまざまな食品添加物が使われています。

そのうちのひとつ、ポリリン酸は、亜鈴の吸収を妨げる副作用を持っているのです。

加工食品の例としては、 ハムやベーコン、ソーセージ(魚肉ソーセージも―)やスライスチーズ(ナチュラルチーズはOK)、ちくわやかまぼこ、はんぺんなどがあります。

私が以前勤めていた会社で食事指導を受けていた人の中で、自分で料理をつくるような前向きな気持ちを持っている人はなかなかいませんでした。

食事といえば、いきおい出来合いのお弁当やラーメン、カレーライスといった外食になりがちです。

外食チェーンの食材にはやはり添加物が加えられていることが多いのですが、もともと亜鉛が足うないところに、ポリリン酸やフィチン酸によってさらに吸収を阻害されているケースが多いのではないかと思います。

食事指導を受けている人ほどには加工食品や外食に頼っていない、 一般のビジネスマンの中にも、私は、似たような理由によって亜鉛不足を起こしている人が少なくないのではないかと推察します。

つまり、ポソリン酸などの食品添加物によって、食べているはずの亜鉛が体内に吸収されていないということです。

若者世代を中心に、食事をしていても何となくおいしそうな顔をしていない人が増えていると感じるのも、このあたりに理由があるのではないかとも考えます。

解決策としては、第一に加工食品をできるだけ食べないようにすること、第二には亜鉛を多めにとるように気をつけることです。

亜鉛を多く含む食品は、牡蠣、シジミ、うなぎ、牛肉、チーズ、 レバー、卵黄、大豆、納豆などです。

思い出していただきたいのですが、子どものころに、いろいろな料理をはじめて食べたとき、「おいしい」とか「まずい」とか強烈に感じなかったでしょうか。

たとえば、私の知う合いの男性は、小学生低学年ではじめておそば屋さんのかつ丼を食べたときのえもいわれぬおいしさを、いまも鮮烈な思い出として記憶しています。

それが彼にとってのおいしいの基準となり、おいしい料理を食べるときは、子ども時代にはじめてかつ丼を食べたときのおいしいという記憶がよみがえり、いべられるといいます。

おいしく食べることができれば、身体の栄養の消化吸収もよくなりす。「おいしい」という実感をとり戻すためにも、亜鉛を多めにとりい食事を少しずつ増やしていただきたいものです。